新日本コーポレーション

新日本コーポレーション、消防設備保守点検、耐震診断改修、大規模修繕工事、AED

 
HOME
会社情報
トップメッセージ
経営ビジョン
会社概要
事業所
有資格者
会社の沿革
会社の特色
事業内容
防災事業
リニューアル事業
大規模修繕工事
耐震診断
特殊調査・診断
モーゼのシナリオ
サイドフェイス事業
AED
オリジナル商品
CSR
リクルート
ニュースリリース
マスコミ掲載履歴
悪絡守くんネットワーク
お問い合わせ
耐震診断

1.耐震診断の必要性
阪神大震災の甚大な被害の教訓をもとに、東海地震では事前の耐震診断の重要性が叫ばれていますが、実情は一部の公共機関や教育施設の診断と補強工事が実施されているものの、民間の大多数の建物では、これといった対策が講じられないまま、来るべき瞬間までのカウント・ダウンの時を刻んでいるのが現状です。
特に昭和56年6月に施工された新耐震設計法以前に竣工した建物の多くは、なんらかの強度的欠陥を抱えており、政府、自治体の発表する想定震度に耐えうる事の出来ないものが無数に存在していると言っても過言ではありません。
耐震診断は、「命を守る」ための第一歩として、現実に目を向け、建物の弱点を把握する意味で、「防災」の道標べとなることと思います。


2.耐震診断とは?
耐震診断とは、調査→検討→結果→対策の手順に沿って進められます。
現場の状況調査、図面や確認申請に基づく建物の基本適性上、地盤や環境の資料と共に、その建物の経歴が重要となります。
火災など災害歴を見落とすことで精度の高い診断を阻害する可能性があるからです。
「はぶさんの耐震診断」では、建物所有者の方や管理者の方にたいする問診をはじめとする過去の事象を把握することにより、物的資料に傾かないトータル的な要素の摘出から診断を開始いたします。


一次診断 一次診断
主として柱や壁のコンクリート断面積の多い・少ないを判定要素とし、耐震性能を評価しようとするもので、破壊耐力としては剪断強度だけを対象とした比較的簡易な診断法と言えます。


二次診断 二次診断
一次診断同様、柱や壁を評価の対象としていますが、この診断法では単にコンクリートの断面積のみならず、その中に配筋された鉄筋の断面積や、位置的な要素も計算の中に算入させることで、一次診断では剪断強度しか評価対象にならなかったものが、加えて二次診断では曲げ強度も算定できることからさらに精度の高い診断により、耐震性能の評価の信頼度も確実なものが得られます。


「モーゼのシナリオ」 「モーゼのシナリオ」
〜診断結果をCGシミュレーションで提供〜
「はぶさんの耐震診断」では、診断結果をCGでシミュレーションし、DVDにて御提供いたします。
書面の報告書だけでなく、診断結果を目でお確かめいただけるよう話題の「モーゼのシナリオ」で映像化いたします。

「モーゼのシナリオ」


3.構造関係の書類って?
診断するにも、まずは書類や図面を御用意ください。特に耐震性能を調べる上では「構造図面」と「構造計算書」が必要です!


構造図面 「構造図面」とは、建物の構造に関する情報を集約した図面です。
「意匠図面」と比べて、専門的で一般の方が見ても理解しづらい部材やその接合方法等を示したものです。
柱、梁、床、壁の寸法、位置などを記載した各種伏図、軸組図から成り立っています。


構造計算書 「構造計算書」は、構造設計を行う上で必要となる建物の荷重や応力を計算し、それに耐えうる性能を確立するための重要な計算書類です。
一般の方には数値の羅列としてしか、とらえられないものですが診断上の基礎となりデータとして御理解下さい。



▲TOP

Copyright(C) 2003 shinnihon corporation company Co.,Ltd., all rights reserved.