Now Loading...

Now Loading...

消防設備工事

いざという時に警報機が鳴らない、消火器が使えない等の状況はあってはならない事です。消防設備点検の際、不良個所を確実にピックアップし、お客様の建物の消防設備が常に問題なく使用出来るように設備修繕も実施致します。
基幹業務の▶消防設備点検と同様に、消防設備の取替・修繕工事も国家資格所有者が担当し、必要となる場合は、設置・修繕後の消防への届出も行います。

点検と連動

1: 消防点検…点検終了時にお客様の建物の不良箇所について説明させて頂きます。 同様の報告を営業担当者にも行います。
2: 見積り…点検作業員の報告を元に修繕のお見積書を作成し、お客様に提出します。 その後、作業の日程等の打ち合わせをさせて頂きます。
※ 修繕の内容によっては足場設営等の必要性が生じる可能性があります。
3: 施工…消防点検作業員、営業、施工担当者で情報を共有し、現場での作業を効率よく行います。
   

小規模工事

消火器の取替・バッテリーの交換・感知機の取替等の簡易な工事は、社内の工事専門チームが伺います。
また、消防点検作業員の中にも電気工事士の資格を有する者もいる為、消防点検と同時に簡易な工事の施工を行う事も出来ます。