Now Loading...

Now Loading...

赤外線画像診断

外壁の補修が必要となった時に、具体的にどの部分の施工が必要なのか事前に確認する為に赤外線を用いた画像診断を行います。事前に画像診断を行う事で外壁補修の必要な部分、不要な部分を判別し、無駄な工事を省きます。

仕組み

外壁の浮き・クラック部分の空気が太陽光で温まって温度が上昇します。そこを赤外線で撮影する事で浮き・クラック部分の特定が出来ます。

赤外線画像診断

簡易な作業

外壁を調査するのに、赤外線画像診断装置で外壁部を撮影するだけで状況を調査する事が出来ます。足場やゴンドラの設営も必要なく、作業時間も大幅に短縮できます。施設内の方への事前通知や配慮も必要ありません。 ただし、作業の特性上、太陽光や気温が影響するので、雨天時や真冬だと実施出来ない場合もあります。より詳細な▶外壁打診点検も承っております。