Now Loading...

Now Loading...

自家発電設備負荷試験

目的

2018年6月1日の消防法改正により、設置から6年が経過した自家発電設備は負荷試験を受けなければならなくなりました。 災害等で自家発電設備が確実に稼働しなければならない時に、試験を受けていない為に稼働しなければ意味がありません。 新日本コーポレーションでは愛知県内の防災会社で唯一、自家発電設備の負荷試験を行えます。

予防的な保全策

負荷試験とは別に年に1回、予防的な保全策を行わなければ行けません。 予熱栓、点火栓等の点検と、潤滑油、フィルター等メーカー指定推奨交換年が定められている部品の交換を行います。新日本コーポレーションの負荷試験専用チームが年1回の予防的な保全策を行い、6年に1回の負荷試験も実施させて頂きます。

専用試験車

自社で開発した自家発電設備負荷試験専用車両「負荷キョン」に乗り、専用チームが皆様の建物の自家発電設備の負荷試験にお伺いします。
負荷キョン