Now Loading...

Now Loading...

特殊建築物調査・検査及び建築物点検

建物や付帯設備の異常が原因で事故を起こさない等、安全性維持の為調査・検査を行います。建物により周期が異なるため、詳しくはお問合せください。
建築基準法に基づいた調査・検査を行うので一級建築士若しくは専門の講習を受けた者がお伺いします。

内容

建築物の構造や設備の異常や、建築設備の異常について確認や、建物のひび割れ等の個所も確認します。
建築設備には換気設備・排煙設備・非常用照明装置の確認を行います。
例えば地盤沈下や凸凹箇所の確認。モルタルにひび割れや白華が発生していないか。内装材の仕上状況に損傷等が発生していないか等を確認します。

調査・検査終了後

弊社社内で点検報告書を作成し、営業担当よりお客様に提出致します。お客様の記名・捺印後、弊社がお客様に変わり各提出機関への提出を行います。
また、調査・検査の際に見つかった不良箇所についての修繕も弊社にお任せ頂ければ、社内で情報共有しスムーズな施工を行う事が出来ます。
▶修繕工事はこちら