新日本コーポレーション

新日本コーポレーション、消防設備保守点検、耐震診断改修、大規模修繕工事、AED

 
HOME
会社情報
トップメッセージ
経営ビジョン
会社概要
事業所
有資格者
会社の沿革
会社の特色
事業内容
防災事業
リニューアル事業
大規模修繕工事
耐震診断
特殊調査・診断
モーゼのシナリオ
サイドフェイス事業
AED
オリジナル商品
CSR
リクルート
ニュースリリース
マスコミ掲載履歴
悪絡守くんネットワーク
お問い合わせ

光るハートが心と命を守る! ハート10
加圧式粉末(ABC)10型消火器 夜間・災害停電時設置場所認識型消火器 標準小売価格15,750円(消費税5%込み) 本体価格15,000円 消費税額750円 実用新案申請中

「ハート10」の持つ2つの効用
「ハート10」による悪質消火器点検業者の予防対策
「ハート10」の能力と仕様<PDF>

販売元 新日本コーポレーション株式会社
製造元  ヤマトプロテック株式会社
夜間・停電時 イッツ・ヒア・シール
(蓄光型充てん済封印シール)の光る蓄光機能で設置場所がわかる!
悪質消火器点検・詰替業者 予防対策消火器 <業界初!>
全国で多発する悪質な消火器点検業者に牙をむく消火器です! 



「ハート10」の持つ2つの効用 実用新案申請中

Utility1 夜間・停電時に光るハートマーク
いざという緊急事態・・・夜間停電時、真っ暗な中でも「ハート10」はその場所を教えてくれる蓄光シールが皆様の命を照らします。充てん済封印シールに光る機能を加えた「イッツ・ヒア・シール」の「命」のハートマークの目印が、初期消火への一歩を導きます。


Utility2 悪質消火器点検業者予防対策として
近年、全国各地に拡がっている悪質消火器点検業者による不適正な点検・薬剤の詰替、高額な請求等、被害は後をたちません。
新日本コーポレーションでは、お客様保護の観点から、悪質消火器点検業者予防対策消火器として、この「ハート10」を発売いたしました。「ハート10」の持つ効果とお客様自身の明確な意思のアピールが被害の防止と予防対策となるものと思います。
※詳しくは予防対策をご覧下さい。


「ハート10」による悪質消火器業者予防対策 実用新案申請中

予防対策 step1 「ハート10」の光るハートは特有の効用です!
夜間、停電時、消火器の所在を明らかにする光る蓄光機能は、この消火器特有の機能であり、効用です。火災の消火機能と共に「ハート10」には、他の消火器にはないプラスアルファの機能を有しているわけです。


予防対策 step2 「所有者・管理者宣言シール」でお客様自身の思考表示をアピール
消火器の点検・詰替・取替に関する所有者・管理者宣言

  製品パッケージ内に同封されております「消火器点検・詰替・取替に関する所有者・管理者宣言」シールは消火器点検のガイドラインを所有者・管理者自身の意思として下記の点について、あらかじめ明確に提示するものです。



1. 消火器の所有者・管理者は誰なのか?
2. 作業開始にあたって誰の許可が必要なのか?
3. 薬剤充てんの際には所定の「イッツ・ヒア・シール」のみの使用に限定。
4. 上記のことを怠った者に対する処置。



予防対策 step3 「イッツ・ヒア・シール」の取り扱いについて
「イッツ・ヒア・シール」は、1回はがすと「開封済」のあとが残り再利用できない仕組みになっています。
薬剤詰替の際、はがしたり、破けば再使用できません。
またstep2の「所有者・管理者宣言」シールによって、詰替の際には、黒色文字で書かれた「詰替用イッツ・ヒア・シール」の使用を取決めております。

※イッツ・ヒア・シールは新日本コーポレーション並びにハート10販売店にて取扱っております。


予防対策 step4 現状復帰できなければ器物破損壊罪に抵触の恐れ

器物損壊罪(刑法261条)
他人の物を損壊し、又は傷害した者は3年以上の懲役又は30万円以下の罰金若しくは科料に処する。
「イッツ・ヒア・シール」を持ちえない悪質業者が「所有者・管理者宣言」による消火器取扱いのガイドラインを無視して作業を行ない、シールをはがした場合、この消火器の効用である夜間・停電時設置場所を認識する蓄光機能を破壊することになります。したがいまして、薬剤詰替作業後、「イッツ・ヒア・シール」による貼替をしない場合器物損壊罪(刑法261条)に抵触する可能性があるものと考えます。


予防対策 step5 万が一の被害の際には・・・
理由のいかんに問わず「所有者・管理者宣言」をもとに「イッツ・ヒア・シール」による現状復帰を主張する共に、脅迫的な言動に出たときは、お近くの警察に通報し、「消火器損壊」による被害届の提出が望ましいと思います。その折には、器物損壊による検挙と損害賠償請求を強く望むことを御提案いたします。

いずれにしましても、この問題は民事的な解決を望むだけでなく、刑事事件として金銭の支払のみならず、消火器を運び出された後の返却や現状復帰等、毅然とした態度で対処することが重要だと思われます。
その意味からも「ハート10」をご採用いただき、明確な消火器の点検におけるガイドラインを主張することで被害防止の一環になることを信じてやみません。

  ハート10  
  お問合わせ 新日本コーポレーション(株) 事業部
    (052)871-6722
    E-mail:mailto:kouhou@shinnihon-cp.co.jp




▲TOP

Copyright(C) 2003 shinnihon corporation company Co.,Ltd., all rights reserved.